華昊は多種多様な金属製品を提供します。主な事業は高圧鋳造、インベストメント鋳造、精密機械加工と金属成形加工

アルミ合金の材料について

数ブラウズ:64     著者:サイトエディタ     公開された: 2018-03-15      起源:パワード

アルミ合金の材料は主に3種類に分けられますアルミニウム・シリコン合金アルミ・铜合金アルミニウムマ・グネシウム合金

アルミニウム・シリコン合金は主にYL102 (ADC1、A413.0)、YL104 (ADC3、A360);

アルミ・銅合金は主にYL112 (A380、ADC10)、YL113(3830)、YL117 (B390、ADC14) ADC12などを含む

アルミニウム・マグネシウム合金は主に302(5180、ADC5、)ADC6などを含む

アルミ・シリコン合金とアルミニウム・シリコン銅合金はアルミニウムシリコン铜が主な組成部分であることがわかります通常金の流動性を高めるため、6 ~ 12%のシリコンが含有します銅の含有量はシリコンより低くて主に強度と抵抗力を高めます鉄の含有量は通常0.7 ~ 1.2%この割合では伸縮性能が良いです

現在アルミニウム合金製の鋳物の材料はA380、A360、A390、ADC-1、ADC-12など通用します。ADC12米国のASTM標準A383と相当日本で広く使用されており日本の標準ADC10と相当するA380米国で広く使われている。ADC12A380の差別は、siの含有量とcuの含有量は若干の差があることであります

ADC12ADC6は中国で幅広く使用されております。ADC12si、fe、cu、zn、nisnの含有量がADC6より多いで、mgの含有量はADC6のより低いです。ADC12は高圧鋳造と加工の性能が良いですが耐腐食性はADC6には及びません

アルミ合金の鋳物は主に照明器具、LEDディスプレイ通信製品输送設備安全製品金属プラスチック電子電機メータ自動車スポーツ器材家具おもちゃなどの分野で使われています

金属カーバーカーバーパネルコネクタのカーバー保護ケースなど

电子部品:コネクタセンサー精密电子部品通信五金部品コンピュータ周辺デバイス部品プリンター部品カメラ部品など

自動車部品:車のハンドル車の看板など

家具部品:亜铅合金製のハンドル亜鉛合金製の窓とドア部品家具のハンドルソファーフットなど

エレベーター部品と医療用の金具部品精密機械部品など

アルミ合金の鋳物について詳しい内容が知りたいなら弊社のホームーページをご覧ください


Phone1:  +86-25-84664117
Phone2:  +86-13505167212
住所:  江蘇省中国南京玄武区創意中心工業園中央路302号、4棟201&202室
Fax: +86-2584664644
Email: admin@mysieg.cn

私達について

南京華昊機械製造有限公司は金属部品を生産する会社です。
2005年、中国の南京を主要販売点として、ビジネスを展開しました。中心事業は高圧鋳造とインベストメント鋳造です。それに、関連な会社の持株を通して、精密機械加工や金属成形加工などの製造プロセスを完備して、グローバル顧客へ総合的なサービスを提供します。

クイック リンク

Subsribe To News Letter

Copyright 2020 @ Sieg-Huao Gussworks(Nanjing) Company Limited .  All Rights Reserved.苏ICP备17048254号