華昊は多種多様な金属製品を提供します。主な事業は高圧鋳造、インベストメント鋳造、精密機械加工と金属成形加工

アルミ合金の高圧鋳造と重力鋳造について

数ブラウズ:1     著者:サイトエディタ     公開された: 2017-02-18      起源:パワード

アルミニウム合金は良好な塑性や耐腐蝕や軽量などの利点があるので車の製造航空船舶などの分野に広く使われております我国の製造業界の発展に伴いアルミ合金とアルミ合金の鋳物に対する需要が増えておりアルミ合金発展を促進しております

アルミ合金の鋳造方法は現在圧力鋳造と重力鋳造に分けます今日は圧力鋳造と重力鋳造の区別と特徴を详しく説明致します

アルミ合金圧力鋳造とは外力の下で(重力を含まない)鋳造することです

圧力鋳造は高圧鋳造と低圧鋳造に分けられます

高圧鋳造はアルミニウムの液体を圧力室に入れて圧力で金型の中を充填してアルミの鋳物に凝固することです

高圧鋳造の特徴は:

1、表面が滑らか一般的にはRa6.3に達成さらにra1.6に達します

2、熱処理は利用不可です

3、機密性と鋳造強度が良好で生産効率が高い

4、鋳物の表面の硬度が低い伸び率は低い

5、金型のコストは高くて使用寿命が短いです

6、壁薄い加工しろが少ないです

重力鋳造とは地球の重力の作用でアルミニウムの液を金型に注入することです

重力鋳造は砂鋳造金属型鋳造ロストフォーム鋳造などの種類がありますその中金属鋳造はよく使われて金型は耐熱の合金鋼で作られますアルミニウムダイカストは强度サイズ外観など方面に優れた性能があります

アルミ液を手動的にフィード設備に入れます金属自体の重力の作用で充填排気冷却後鋳物を形成しますプロセスフローはアルミ液の熔炼材料の注入排気冷却開模生産洗浄热処理加工です

重力鋳造の特徴

1、平滑度が低いショットブラスト後凹みの穴が出てやすい

2、内部気孔が少ないので熱処理に適する

3、気密度は低く強度は高い伸び率は高い

4、型低コスト使用寿命が長い

5、生産効率は低く生産コストが高い

6、プロセスは简単ですが薄壁の製品には適用しない

ワークの厚さによって鋳造方法を考慮しますその厚さは8 mm厚くと重力鋳造にしたたほうがいいです

もっと詳しい内容が知りたいなら我社のホームページに登録してください! 


Phone1:  +86-25-84664117
Phone2:  +86-13505167212
住所:  江蘇省中国南京玄武区創意中心工業園中央路302号、4棟201&202室
Fax: +86-2584664644
Email: admin@mysieg.cn

私達について

南京華昊機械製造有限公司は金属部品を生産する会社です。
2005年、中国の南京を主要販売点として、ビジネスを展開しました。中心事業は高圧鋳造とインベストメント鋳造です。それに、関連な会社の持株を通して、精密機械加工や金属成形加工などの製造プロセスを完備して、グローバル顧客へ総合的なサービスを提供します。

クイック リンク

Subsribe To News Letter

Copyright 2020 @ Sieg-Huao Gussworks(Nanjing) Company Limited .  All Rights Reserved.苏ICP备17048254号