華昊は多種多様な金属製品を提供します。主な事業は高圧鋳造、インベストメント鋳造、精密機械加工と金属成形加工

アルミ合金鋳造鋳型の一般的な冷却方法

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2018-05-30      起源:パワード

それがアルミ合金ダイカスト アルミニウム合金のダイカスト鋳型温度が高い場合には、部品を適時に鋳造する良好な冷却仕事が重要な役割を果たす。アルミニウムダイカスト金型の冷却方法には、直接冷却、空冷、水冷およびヒートパイプ冷却が含まれる。


直接冷却:

ダイカストタイプのアルミニウム合金成形機のホットセクションでは、高い熱伝達率(アンモニウムブロンズ、タングステンベースの合金など)で直接冷却を行うことができます。直接冷却では、冷却を促進するために、エンドポイントにヒートシンクを備えたブロンズ・ピンを固定金型のコアにねじ込みます。


2.空冷:

水冷が困難なダイカスト部品には、空冷を採用することができる。空気冷却は送風機の吹き出しまたは圧縮空気に使用できます。空気冷却は、アルミニウム合金ダイカスト金型を冷却するだけでなく、均一にコーティングを吹き飛ばし、コーティングの蒸発ガスを除去し、鋳造の空気孔を減少させることができる。空冷の冷却温度は、水冷の冷却温度よりもはるかに低い。


3.水冷:

冷却水チャネルは、アルミニウム合金ダイカスト鋳型にセットされ、循環水が成形インサートまたはコアに入り、鋳型から熱を取り出すことができる。水冷による冷却効率が高く、キャビティ外面の温度を効果的に下げることができるが、ダイカスト鋳型の構造が大きくなり、主として熱放出の大きな鋳型に使用される。冷却水の温度は、キャビティの外観が露出しないように、室温より高くする必要があります。


4.ヒートパイプ冷却:

主に冷却水で直接冷却することが困難な小さな領域に使用されます。冷却すべき小部分では、ヒートパイプで熱を取り出し、冷却水を用いてヒートパイプを冷却する。


上記は、アルミニウム合金鋳造鋳型の一般的な冷却方法です。ダイカストプロセスの詳細については、関連記事をご覧ください。あなたが望む知識が見つからない場合は、お問い合わせ.


Phone1:  +86-25-84664117
Phone2:  +86-13505167212
住所:  江蘇省中国南京玄武区創意中心工業園中央路302号、4棟201&202室
Fax: +86-2584664644
Email: admin@mysieg.cn

私達について

南京華昊機械製造有限公司は金属部品を生産する会社です。
2005年、中国の南京を主要販売点として、ビジネスを展開しました。中心事業は高圧鋳造とインベストメント鋳造です。それに、関連な会社の持株を通して、精密機械加工や金属成形加工などの製造プロセスを完備して、グローバル顧客へ総合的なサービスを提供します。

クイック リンク

Subsribe To News Letter

Copyright 2020 @ Sieg-Huao Gussworks(Nanjing) Company Limited .  All Rights Reserved.苏ICP备17048254号