華昊は多種多様な金属製品を提供します。主な事業は高圧鋳造、インベストメント鋳造、精密機械加工と金属成形加工

ダイ保持時間とは何ですか?また、どのような影響がありますか?

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2020-04-20      起源:パワード

  • 金型保持時間:ホールドダウン段階の終了からダイカストの解放までの時間。この時間の目的は、鋳造物が完全に固化され、冷却され、ダイ内で一定の強度を持ち、リリースおよびリリース中にダイカストが変形したり割れたりしないようにすることです。

  • 合金収縮率が高く、熱強度が高く、壁が薄く、構造が複雑で、ダイの熱放散が速いダイカストは、ダイの保持時間が短くなります。逆に、金型の保持時間は長くする必要があります。

  • 金型保持時間が長すぎると、冷却によりコアの引き抜きや排出が困難になり、張力やひび割れが発生して生産効率が低下する可能性があります。ダイ保持時間が短すぎると、鋳造変形、クラウン突起、表面の泡立ち。

78

Phone1:  +86-25-84664117
Phone2:  +86-13505167212
住所:  江蘇省中国南京玄武区創意中心工業園中央路302号、4棟201&202室
Fax: +86-2584664644
Email: admin@mysieg.cn

私達について

南京華昊機械製造有限公司は金属部品を生産する会社です。
2005年、中国の南京を主要販売点として、ビジネスを展開しました。中心事業は高圧鋳造とインベストメント鋳造です。それに、関連な会社の持株を通して、精密機械加工や金属成形加工などの製造プロセスを完備して、グローバル顧客へ総合的なサービスを提供します。

クイック リンク

Subsribe To News Letter

Copyright 2020 @ Sieg-Huao Gussworks(Nanjing) Company Limited .  All Rights Reserved.苏ICP备17048254号