華昊は多種多様な金属製品を提供します。主な事業は高圧鋳造、インベストメント鋳造、精密機械加工と金属成形加工

自動車業界でアルミ合金製鋳物の発展歴史

数ブラウズ:1     著者:サイトエディタ     公開された: 2018-03-07      起源:パワード

1940年代以降鋳鉄ではなくアルミ合金を使用して自動車部品を生産してきました当時ヨーロッパの自動車工場イタリアのフィアットはアルミ合金製のを気管とシリンダーヘッドを開発して少ロットの生産を始めました

1950年代オーストラリアはイギリスのアルミニウムの鋳物を生産する低圧鋳造技術を導入して改善して構造の複雑なアルミ合金部品を生産しました。GMは大ロットで自動車用アルミニウム合金を生産していました例えば空気の冷却用のタンククランクシャフトエンジンのヘッドなど

1960年代以降高圧的な鋳造技术の発展と伴いアルミ合金で自動車の軽型金属を大幅に製造してきましたアルミ合金の鋳物を採用して自動車の重量を軽減します

日本ではアルミニウムの鋳物は自動車工業の中で著しい発展を求めました。1970年代初め日本の自動車メーカーがアルミニウム合金を自動車エンジン業界での応用を開発・拡大し始め鋳鉄やめてアルミニウムの鋳物をインパイプとシリンダーヘッドの制作して少量のアルミニウム製のエンジンを生産し始めました

1970年代以降省エネ低炭素化を背景として世界の工業化先進国は自動車の品質を厳しく要求しアルミニウム合金製の自動車部品は自動車が軽量化の戦略的方向としていますこのため世界のアルミニウムの鋳造業界は急速に発展しており自動車工業と密接に结んでいます

この20年間世界中アルミニウムの鋳物への使用が増えてきています世界のアルミニウムの生産量は毎年3%以上のスピートで成長するものと推定されます。60 ~ 70%のアルミ合金の鋳物は自動車の製造に応用されています

アルミニウム合金の鋳物は自動車業界の応用がますます広くなっていて鋳造プロセスや自動車工業の発展と進歩を促進しております


Phone1:  +86-25-84664117
Phone2:  +86-13505167212
住所:  江蘇省中国南京玄武区創意中心工業園中央路302号、4棟201&202室
Fax: +86-2584664644
Email: admin@mysieg.cn

私達について

南京華昊機械製造有限公司は金属部品を生産する会社です。
2005年、中国の南京を主要販売点として、ビジネスを展開しました。中心事業は高圧鋳造とインベストメント鋳造です。それに、関連な会社の持株を通して、精密機械加工や金属成形加工などの製造プロセスを完備して、グローバル顧客へ総合的なサービスを提供します。

クイック リンク

Subsribe To News Letter

Copyright 2020 @ Sieg-Huao Gussworks(Nanjing) Company Limited .  All Rights Reserved.苏ICP备17048254号